パートタイムの募集については、地域の求人媒体やネットで募集をするケースが多いと思います。

たとえば、地域の求人媒体で、時給を850円⇒900円に上げたところ、
同じメディアで2週間応募がなかったものが、1週間で5件程度の応募が出るようなケースもあります。
(2週間の掲載であれば、50,000円~100,000円程度の広告予算というところでしょうか。)

求職者がハローワークやネットの求人情報を検索する際には、自分が設定する給与水準よりも高い求人しか目に入りにくいものです。
(そしてさらに、こだわり条件などで絞り込みを行っていきますので、やはりほかの条件も重要ですが)
また、条件検索で「いくら以上の時給の求人」と絞り込み検索をかけることも多いので、そうするとお金を払っていても求職者の目に自社の求人が触れないことになります。

これではせっかくお金をかけて求人広告を出しても、何をやっているかわかりません。

「他の同種の求人でおなじ金額で募集をしているから」という理由で時給を設定すると、
「その他大勢」として自分で自分を塗りつぶしてしまうことになります。

ましてや、その条件を設定している他社と自社では、いろいろな条件が異なります。

まずはきちんと「求職者に応募される条件か、スルーされる条件かどうか」を考えて時給を設定しましょう。

今日のメモ「時給50円の差が、1週間50,000円の広告費を生かすか殺すか決めるとしたら???」でした。

関連記事

  1. 採用力は社員満足から

    採用力は社員満足から

    リソーシズの澄川です。リーマンショックから10年近くが経過した現在、景気は上向きとなり、採用…

    採用力は社員満足から
  2. 医療機関の採用支援

    医療機関の採用支援

    株式会社リソーシズの澄川です。弊社では、大阪府・兵庫県にて、病院・診療所・調剤薬局の採用支援を行…

    医療機関の採用支援
  3. クリニックの採用情報ページが必要な理由(看護師・医療事務・求人広告)

    クリニックの採用情報ページが必要な理由(看護師・医療事務・求人広告)

    クリニックでの求人について、ぜひ取り組みたいポイントがあります。それは、「自院で働くメリット…

    クリニックの採用情報ページが必要な理由(看護師・医療事務・求人広告)
  4. 病院・クリニックの採用について

    病院・クリニックの採用について

    病院・クリニックで看護師を採用する場合に、重要なことがあります。それは選考のスピードです。…

    病院・クリニックの採用について
PAGE TOP