病院・クリニックで看護師を採用する場合に、重要なことがあります。

それは選考のスピードです。

例えば、選考の結果通知が遅れるほど、採用にはデメリットとなります。

実際には、院長先生が現場で診療をされながら、社労士さんと打合せを行い、雇用条件を決め、ご本人もしくは紹介会社に対して連絡を行うと、非常に段取りが多くなるため、あっという間に1週間程度経過してしまいます。

しかし、求職者の方にとっては、そういった背景は見えません。

面接実施後になんの連絡もなければ、時間が経過するほどに「私を採用したいと思われていないのか?」「評価が低かったのか?」「軽く扱われているのではないか?」「入職しても職員を大事にしない職場なのかも?」「他の応募先のほうが連絡が速い」などと感じる人が増えていくためです。

実際、就職転職の掲示板などでは、3日以内に結果連絡がなければ「採用意欲が高くない」、と判断している人なども多くいるようです。

そういった事態を避けるためには、募集にあたって事前にスキームを決めておくことが必要です。

例えば、

・どんな人材が応募が来るかわからない中で、事前に「経験スキルに応じて、どういった条件で雇用するのか」の判断軸を決めているか。

・面接来院のお礼連絡はどのタイミングでするのか?

・評価ポイントのFBは1日以内に行っているか?

・「3日以内に面接結果を連絡する」と決め、面接の中で「本人に直接説明して」いるか?

・前職の給与とギャップがある場合、自院のルールで給与を提示するのか、前職の給与を保証するのか。それを面接の中で話しておくかどうか?

事前に検討し、判断基準や行動基準を決めておくことで、その場その場で悩む時間を減らし、スピーディーな対応ができるようになります。

クリニックのより良い運営のために、ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. クリニックの採用情報ページが必要な理由(看護師・医療事務・求人広告)

    クリニックの採用情報ページが必要な理由(看護師・医療事務・求人広告)

    クリニックでの求人について、ぜひ取り組みたいポイントがあります。それは、「自院で働くメリット…

    クリニックの採用情報ページが必要な理由(看護師・医療事務・求人広告)
  2. 時給50円の差が、1週間50,000円の広告費を生かすか殺すか決めるとしたら???

    時給50円の差が、1週間50,000円の広告費を生かすか殺すか決めると…

    パートタイムの募集については、地域の求人媒体やネットで募集をするケースが多いと思います。たとえば…

    時給50円の差が、1週間50,000円の広告費を生かすか殺すか決めるとしたら???
  3. 医療機関の採用支援

    医療機関の採用支援

    株式会社リソーシズの澄川です。弊社では、大阪府・兵庫県にて、病院・診療所・調剤薬局の採用支援を行…

    医療機関の採用支援
  4. 採用力は社員満足から

    採用力は社員満足から

    リソーシズの澄川です。リーマンショックから10年近くが経過した現在、景気は上向きとなり、採用…

    採用力は社員満足から
PAGE TOP